一つひとつワインの値段や味などを詳しく。ワイン通の方は必見です。

06-4803-2000

取り扱いワイン

シャトー・ド・ヴァルコンブ“ガランス”

取り扱いワイン

生産者: シャトー・ド・ヴァルコンブ
ワイン名: シャトー・ド・ヴァルコンブ“ガランス”
等級・ヴィンテージ: ACコスティエール・ド・ニーム 2006
セパージュ(ブドウ比率): シラー100%
フランス南部のガール県、ニームとアルルの中間に位置するローヌ渓谷最南端の街、ジェネラックにあります。正式の創業は1820年ですがドメーヌの歴史はさらに古く1790年にフランス革命軍へ配達した伝票が残っているほどです。ドメーヌは開かれて以来リコム家一族によって代々引き継がれてきました。
シャトーは美しい自然に恵まれた小高い丘に建っています。中でもシャトーへと続く樹齢100年の、松並木の美しさは格別で映画「年下のひと」(1998年・ジュリエット・ビノッシュ主演)のロケ地に選ばれたほどです。

現オーナーのドミニク・リコム氏は土壌管理をはじめブドウ栽培全体に高度な知識を持ち、きめ細かな農法を採っています。それはフランス農産省が認定する“アグリキュールチュール・レゾネ”(地球に優しい理論的農業)
に基ずいたもので土壌の豊かさを最大限に守りながら高品質で安全なワインを生産することを目的としています。
南仏のシュバル・ブランと評されるガランスは最も古い2区画のシラーを手積みで行う。
27~29度で10~12日間発酵させアロマを最大限に引き出すために20~30日間の長いマセラシオンを行う。半分は容量225Lの新フレンチ樽で14ヶ月間熟成を行う。
香りはリッチで複雑な黒系果実とデリケートなバニラの香り。デリケートな黒系果実の香りにバニラとローストの香りが続く。ダークチョコレートやモカのフレーバーがバランスよく広がる。
豚肉に甘酸っぱいコクのあるソースをかけて。
希望小売価格: 4400円

pagetop